運用商品一覧(個人型)

第一生命保険株式会社では、確定拠出年金における運用の方法(運用商品)の一覧に関して、その作成および掲載を確定拠出年金サービス株式会社に委託しています。

個人型運用商品一覧はこちらから

バランス型とは?

「バランス型」とは、複数の資産に分散投資する運用商品のことです。

株式や債券、REIT(不動産投資信託)などさまざまな資産を組み合わせており、投資家のリスク許容度やライフサイクル等にあわせて選択できます。

閉じる

リスクコントロールとは?
  • 投資環境に応じて運用会社が自動的に資産配分の比率を決定しながら価格変動リスクを一定程度に抑えて運用します。
  • 市場が安定的に成長しているときは、株式などのリスク性資産への投資を一定程度維持しますが、市場において下落の危険性が高まったときは、債券や現金などの安定資産へ自動的に入れ替えを行い、リスクを抑えます。
アクティブ・パッシブとは?

「アクティブ」 「パッシブ」とは、投資信託の運用手法のことです。
運用手法の違いによって、目指す運用成果が異なります。

<アクティブ運用>

  • ベンチマーク(指標)を上回る運用成果を目指しており、運用会社が市場や投資銘柄に対する調査・分析にもとづいて運用します。
  • 同じ対象資産の場合、パッシブ運用に比べ、リスクは一般的に大きくなる傾向があります。
  • 信託報酬は、一般的に高くなります。

<パッシブ運用>

  • 市場の平均と連動した運用成果を目指しており、基本的にベンチマークの構成銘柄にあわせて運用します。
  • 同じ対象資産の場合、アクティブ運用に比べ、リスクは一般的に小さくなる傾向があります。
  • 信託報酬は、一般的に低くなります。

閉じる