一生涯のパートナー 第一生命

DCのトビラマナビの教室

文字サイズ

どんな「運用商品」が用意されているの?

確定拠出年金では、さまざまなタイプの運用商品が用意されていますので、皆さんはその中から好きな運用商品を自由に選ぶことができます。運用商品のラインアップは、企業型であれば会社ごとに異なり、個人型であれば受付金融機関によって異なります。

確定拠出年金の代表的な運用商品

確定拠出年金の代表的な運用商品

運用商品には、「元本が確保されている運用商品」「元本が確保されていない運用商品」があります。元本が確保されていない運用商品としては、投資信託という運用商品が用意されています。まずはその違いから確認しましょう。

元本確保型商品とは

元本確保型商品とは、満期時に元本と利息が保証される安全性の高い運用商品です。お金を大きく増やすことは期待できませんが、元本が保証されているため、安全性を重視したい人に向いている運用商品です。

元本確保型商品のしくみ

特徴 満期(お金を預ける期間)があります。 元本は預けた時点の利率で運用します(利率は満期まで変わりません※)。 満期まで預けると元本が保証され、一定の利率で計算された利息がつきます。 満期を迎えると自動更新され、更新時点の利率で運用が継続されます。

※一定期間ごとに利率の見直しが行われる運用商品もあります。

元本確保型商品の運用(5年満期の場合)